· お産

助産院で出産する人は

ウミガメの様に、同じ助産院にまた、

産みに来ます。

 

開業9年のつむぎ

すでに二人、それぞれ3人のお子さんの出産をお手伝いしました。

つむぎで2人のお子さんを出産された方も結構います。

 

そういう方をリピーターさんと呼びます

リピーターさんたちの出産はお互い気心が知れているので

お産がとても順調に進みます。

分娩において「気心の知れた関係」というのは

出産が安全に進むための重要な要素であると私は考えます。

ウミガメやサケなど、同じ場所に戻ってきて出産する生き物は

この世の中にたくさんいますね

 

第1子、長い長い時間をかけてつむぎで出産したママ

第2子の出産に来てくださいました。

しばらく前駆陣痛で悩まされたものの

予定日を3日過ぎて本陣痛が始まりました。

ご自身が助産師ということもあり、

まだ大丈夫と冷静にご自宅でしばらく過ごします。

5~6分間隔でお電話いただいたものの、

もう少し強くなってから助産院に来るといいます。

 

私の方はちょっとドキドキしながら

それでももう少しご本人の意思を尊重しようと待ちますが

リピーターさんのお産は速いと経験上感じているので

陣痛開始してから5時間、さすがに

「ぼちぼち来てはいかが?」と遠慮がちに提案し

つむぎに向かってもらいました。

 

助産院には一人で来て

あれ?夫は???後から来るとのこと。

そうですね、コロナですので密を避けて

生まれる少し前に来てもらった方が確かによい、、、、

イヤイヤ、陣痛どんどん強くなっていますので

速く来てもらわなければと電話を入れます。

 

夫が到着して30分で妻は出産

前回、ほぼ一日つきっきりで妻の腰をさすったり

手を握ったり、汗を拭いたり,

一緒に産んだ感がたっぷりあった経験とは今回は全く違う

「何もできなかった」ときょとんとしていました。

 

もちろん痛みは同じ、いや時間が短い分激しく痛そう

急激な進行に身を任せつつ「痛い、痛い、痛い」と

元気に出産しました。

一度経験した同じ空間に入った途端

条件反射の様にお産スイッチが入ってしまう

リピーターさんとの出産でした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK