前回、出産の痛みが怖く

ヒプノバースのクラスを受講し、万全の準備をして臨んだ自然分娩

出産そのものは安産、と助産師たちに褒められたものの

想像以上に痛く、あの痛みはもう経験したくない、と

無痛分娩をするつもりで、近くの病院に通院してた方。

通院していた病院でよくよく話を聞くと、

無痛分娩に会陰切開は必須、分娩そのものは無痛でも

産後の有痛は避けられない、ということに気が付いたと

当院で自然分娩に再び挑戦することになりました。

今回もヒプノバースの講座は受講するの?

いや、出産時の痛みは取り切れなかったので

無駄だったのでは、と疑問を持ったので、

特に、何かをする予定はないとのこと。

予定日が近づいたころ

私がヒプノバースについて、あれこれ訊ねるので

資料を持参し、簡単に教えてくださいました。

(ちゃんとすべて取ってあったんですね!)

陣痛のことを「波」と呼ぶことや

子宮口の開大は、お花が開くイメージと重ねることや

ネガティブな言葉を使わないことなど、、、いろいろ学びました。

予定日を1日超えた日、

ショートメールで「なんとなく波がき始めました・・・」

と連絡が入りました。

押し寄せる波の間隔が

10分を切ったところで助産所に入院していただき、

和室のお部屋で横になり、一回一回の波を、

静かに、流れるような呼吸で乗り切っている様子に

感心しました。

呼吸のアドバイスは一切必要ありません。

黙って、彼女の呼吸のリズムを邪魔しないよう、注意するだけ

1時間もすると、少し荒々しい呼吸に変り、

児頭の圧迫を掌に感じたところで、お産の準備

あれよあれよという間に、赤ちゃんが誕生!

分娩所要時間は3時間ほどでしたが

「痛かったです、やっぱり無痛にすればよかったと思っていましたし

もう二度と産まないと決心しました」とつぶやいていました。

第一子の時に練習したヒプノバース!

すばらしい呼吸法だったですよ、とお伝えすると

「無駄ではなかったのですね!」とうれしそうに

その昔、三森助産師がラマーズ法を日本に導入し、

その呼吸方法を学習することで

女性たちが主体的にお産に取り組んでいた時代がありました。

痛い・怖い・不安などネガティブなイメージのお産を

呼吸やリラクゼーション、瞑想など

練習したこと、努力したこと、考えたこと

どんなことでも、その人がお産に向けてやったことに、

無駄なことはない!と私はいつも思っています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK