· 授乳,育む

ここ数年、様々な開業助産師を取材している女性から

「助産師さんたちっていも何かを待っていますよね」

と言われました。

そういえば、私たち、いつも何かを待っているなぁ

妊娠中は

37週まで順調に胎児が育つ子ことを待ち

ママが出産に向けて心身がととのうのを待ちます

 

出産は

自然な陣痛が始まることを待ち

陣痛が強く、収縮の間隔が短くなることを待ち

子宮口が前開して胎児が下がってくることを待ち

会陰が伸びることを待ち

赤ちゃんが元気に呼吸することを待ち

臍帯の拍動が止まることを待ち

子宮がきゅっと収縮して胎盤が剥がれ落ちることを待ちます

出産後は

胎便が出るのを待ち、排尿するのを待ち

赤ちゃんが上手に吸えるようになるのを待ち

母乳の分泌が開始するのを待ち

母乳で体重が増えるのを待ち

授乳のリズムが軌道に乗るのを待ちます

もちろん、異常の兆候が見え隠れすると

ちょっと手を加えたり、かけたりして本当の異常かどうか

異常だと思えばすぐに医療につなぎます。

 

医療機関への搬送時には

家族への説明・母子への緊急処置・医療機関への連絡調整・救急車への手配など

同時進行しなければならない状況になるので、

「待つこと」から「介入すること」へ急激に関わりをチェンジすることも。

 

今回、3人目のママ

出産直後から赤ちゃんがなかなか母乳に吸い付いてくれなくて

苦労しています。

搾ったおっぱいとミルクで哺乳瓶で授乳することを続けて1か月。

最近ようやく片方の乳首に少し、吸い付いてくれるようになったそう。

吸い付かないと母乳の分泌が減り、

あっという間に乳汁の分泌止まってしまうところ

ちゃんとおっぱいが出続けているのです!

 

何人もの助産師からの乳房ケアと母乳育児支援を

得られる環境にあるのですが

毎日、何回も搾乳を続けるママの努力の成果が

少しづつ上がってきました。

 

最近、「産後うつ」にさせない対策として

努力や苦痛を強いることはいけない風潮なので

ママ達にはあまり無理をしないで、楽に行きましょう!と

私もつい言いがちです。

 

でも、

やっぱり妊娠・出産・子育てに試練や苦労はつきもの。

それを乗り越えるため、時には、頑張りや努力が必要

努力するママを見守って待つことができる

助産師でいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK