開業助産師はお産が好きです。

365日24時間電話を手放せず、予定通り計画通りに進まない生活を

あんまり苦と思わない性分に加え、

いのちを守らなければならない重圧に耐えうる図太さ。

責任感や使命感から頑張っている助産師も、もちろん存在しますが

それだけではやりきれない、ちょっと変わった性格だと思うのです。

私はお産の時以上に妊娠中の関わりが好きです。

数か月にもわたって、少しずつその人を知って、その人の身体の特徴を知って

もちろん、妊婦さん自身が自分のことを良く知ることが最も重要。

産むのはあなた。

あれやこれや考えて試しながら、出産に向けて調子を整えていく、、、

まさに出産という山頂を目指して、こつこつ山を登っている感じ。

36週0日

開業助産師が分娩介助できる37週まであと1週間というところで

破水したとお電話いただきました。

3人目なのでぼやぼやしていると生まれてしまいます

モニターと搬送にかかわる各種書類、万が一生まれてしまうことになった場合の

赤ちゃんの蘇生の道具や分娩セットを準備し、

コロナで救急車が使えない場合もあるかもと

私の車でご自宅に向かいました。

着くと笑顔で横たわっている妊婦さん

「あら~ちょっと早かったですね!どうしたもんでしょうね~」

パパもお姉ちゃんたちもここで赤ちゃんに会えるかもと

喜んでいます。

赤ちゃんがまだ小さいこと、

小さいと出産のときにストレスがかかり

生まれた後の自発呼吸に少し助けてあげる必要があること

出産時のストレスは血糖値や黄疸値の異常をきたしやすいことなどなど

胎児心拍モニターを取りながら、周産期総合医療センターでの分娩になると

説明をしました。

自宅で家族とともに幸せな出産を計画していたので

ご夫婦ともに本当に悲しそうな表情で胸が痛くなりました。

「あと少しだったのに、、、」

でも30分のモニターでたった一回、お腹が張った瞬間、

赤ちゃんは心拍で少し苦しいというサインを出してくれたので

迷うことなく医療機関に搬送要請をして受け入れを了解いただきました。

夫も子どもたちも自宅に残し、妊婦さんと二人

受け入れ先の医療機関に向かいます。

到着して夜中に陣痛が始まり、

小さな赤ちゃんが産科医と小児科医に見守られながら

医療機関の助産師さんの介助で無事に生まれました。

あと少しで、予定通りの経路ではなかったですが

ちゃんと登り切ったので

本来の目的は達成されたのです。

小さくでもお母さんの頑張りで

通常通りの入院期間で自宅に帰ったきたのは本当にすごいこと。

私も安堵し、多くの人に感謝しました。

でも欲を言えば

最後、登りきるまで私が伴走したかったなぁ、、、、

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK