· お産

人の一生は長く

女性が妊娠し、陣痛が開始して出産に至るまでも

実はとっても長い道のりだと日々感じています。

つむぎ助産所で分娩希望の初産のかたは

24時間救急対応可能でNICUという赤ちゃんの入院施設がある

周産期医療センターの指定を受けている病院で3〜4回妊婦健診を受けます。

いつもお願いする小さな診療所の先生に比べて

周産期センターで行われる検査項目は多く

産婦人科ガイドラインに忠実なので、なかなか全てをクリアできて

助産院での出産許可が下りることは難しいのです。

先日、そんな厳しいガイドラインをすべてクリアした妊婦さんの

長い長いお産をお手伝いしました。

お産の進行のための体位変換や食事、入浴、、、、

ほとんど全てを嫌と一言も言わずに(いや、辛かったと思います)頑張り通してくださり

強い意志をお持ちの産婦さんに引きずられるように寄り添っていました。

分娩開始後の医療機関に搬送をしなければならない約束事項の一つに

遷延分娩というのがあります。

陣痛がありながら進行しないという状況が〇時間と決まっていて

実はそれをどこから○時間としてとるのか、、、、

解釈に多少の個人差があるのも事実です。

実際の搬送は

陣痛とモニターによる胎児心拍状況や、破水した場合の羊水色や、出血と合わせて

お母さんのやる気や元気と赤ちゃんの数時間後の状態を予測して判断します。

今の赤ちゃんの状態や分娩の状態ではなく

数時間後にどうなるのか、、、、という状況の予測なのです。

東京都搬送システムという体制が2009年から整備され

搬送のルールが明確に定められています。

また、受け入れ先にデーターとともに診断を報告するというマナーも

分娩を取り扱う施設に求められています。

医師がいる場合、遷延分娩は促進剤を使い

会陰切開とともに吸引や鉗子を用いて引っ張り出すという

器械や薬剤を用いて分娩が終了となるのですが

助産所ではそれらでの促進は当然できませんし待つしかありません。

それが嫌で、助産院に来る方達ですので

遷延分娩になった場合は母子ともに健康であればとにかく

陣痛が強くなるよう、体がリラックスするよう待つしかありません。

実は今回は2回搬送した方がよいのか迷ったタイミングがありました。

1回目は有効な痛そうな陣痛があるにも関わらず何時間も赤ちゃんが下がってこないこと。

2回目は破水はしたものの、やっぱり上に上がって赤ちゃんが下がってこなかったからです。

ただ2回とも赤ちゃんはとても元気というモニター波形結果がでましたし、

羊水の異常も全く見られなかったことに加え、

お母さんが全く根を上げないということで搬送を見送りました。

ただ正直言って、助産所で生れるという自信がなかったのも事実です。

赤ちゃんが下がってこない理由にしばしばあることは

赤ちゃんの骨盤の中での頭の回旋がちょっと違うこと

お臍がどこかにまきついて邪魔をしていること

手がお口や肩のちかくにあって邪魔をしていることなどが考えられます。

ただ、経産婦さんの場合、そういった出来事があっても自然に待てば産めます。

でも、初産婦さんはどうなのかが予測つきません。

年齢や体力、気力によるところが大きいので

今の時代はあまり、無理はしないで早めに医療機関に連れて行って

お薬を使ってもらう、、、、という方法が一般的になってきています。

ところが、

あと30分で連携医療機関にお電話をしましょうと話し合ったその途端

すごい力を振り絞っていきみ、遠くに見える赤ちゃんの頭がみるみる下がってきて

最後は本当につるりんと会陰裂傷もなくお産になりました。

赤ちゃんはしっかり横向きのまま、回旋異常という診断がつく頭の向きでしたが

ほとんどストレスを感じていなかったようでとっても穏やかな表情でした。

生まれてみると

いつもどうしてこういう分娩の経過だったかがよくわかります。

むだな痛みではなかったと痛みの理由に納得し

困難な分娩を自力で乗り切ったことへの大きな自信につながって

引き続き続く母乳育児の大変さも乗り越えることができるのではないかと

思うのです。

先日乳房ケアでいらしたお母さんの母子手帳には

所要時間33時間と書いてありました。

「長くて、苦しかったでしょう〜」と問いかけると。

「はい、実は無痛分娩を希望していて、途中まで無痛だったのです。

でもこのままじゃ分娩進行しないからと助産師さんと話し合って、

麻酔剤を切ってそこから必死になって産んだんですよ〜

もう、ほんと辛かったです。でも良かったですよ」と笑顔で。

今日もきっとどこかで産婦さんとともに

長い長いお産に寄り添っている助産師仲間がいると思うと

それだけで励みになりますね

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly