上に複数のお子さんがいる方の自宅分娩

陣痛開始に都合が良いタイミングがなかなか見つけられません。

あの子の運動会、この子の遠足、夫の仕事、

実母の手伝いが可能な日など良いタイミングで、良い時間に

産みたいと願います。

 

やっとある日の夜明けに、陣痛開始の連絡がありました。

間も無く満潮で、強くなる陣痛の波に乗ることを期待し、バイクで向かいます。

ところがママはまだ決心がつかなく、そわそわ落ち着きません。

6時には家族全員起床してくるので、、、と時計をチラチラ

弁当だとか、学校の準備とか、幼稚園の準備とか考えているうちに

さっきあった陣痛が消えていきます。

でも、経産婦さんですので、

いつ呼ばれてもいいように近所のジョナサンで待機することにしました。

 

さて、バタバタ家族の食事や学校の準備をしていると

陣痛がますます遠のいてしまったようです。

あきらめてバイクで1時間の道のりを助産院に戻り、

日中は助産院での健診やおっぱいケア、事務作業を

時計を見ながらすごい勢いで片付けて、次に呼ばれるのを待ちます。

「今日の午後3時に産みたいって言っていたし、、、」

 

ママの方は今度は家族が留守になり、ぐっすり眠れたようです。

元気になって陣痛開始、、、のはずがまたもや、

今度は夕方のお迎えや子どもたちの用事で気がそれてしまい

「わたなべさ〜ん、やっぱりみんなが寝てから産みます!」と

お電話があったのが夕方。

 

2回目の陣痛開始の連絡があったのは夜の8時過ぎ。

ぼちぼち強くなってきました!でもみんなが寝るのを待っています〜

10時過ぎに呼ばれて到着した時は、暗いお部屋で

だれにも邪魔されず、さすがに痛そう。

やっと陣痛の波に乗れそうとちょっと期待します。

 

ブツブツ呟き、ウロウロしながら、立ったり座ったり

寝っ転がったり、眠ったり、、、、

だれを立ち会わせるか悩んだり、

夫を起こすかどうか、子どもたちみんな起きてくるからと気にしたり

気にする出来事があると直ぐに陣痛間隔が間延びしたり、、、

最後の最後まで、悩んで呟いて、遠のいたり、強くなったり、

とてもゆっくりのような、速いような、

大きな波のような、小さな波だったり、、、、

陣痛の間隔も強さもバラバラで、暗さも伴ってなんとも不思議な感覚。

でも、赤ちゃんの心音は暗闇の中でとても元気に響きます。

 

結局到着して5時間ほどで

静かに赤ちゃんは生まれました。

産声をパパが聞きつけ、パラパラみんなが集まります。

子どもたちに取り囲まれていたママの安堵した表情。

 

お産のときには時間の感覚がなくなるといいます。

最後に赤ちゃんを産み出す時の陣痛の間隔は

ママは5分おきだったと感じていたようです。

私は7〜8分おき、サポートの助産師は3〜4分おきだったと言います。

 

何分おきでも、赤ちゃんが元気で、

陣痛のたびに少しずつ進んでいるようであればよいです。

できるだけ母子のリズムや時間に

私たちの時間を合わせて、お産をお手伝いしていきたいと

今回の出産を通じて、やっぱり思うのです。

 

始まりのタイミング

分娩進行中の時間の流れ

生まれる時のリズム

人が人を産むときに、私が大切にしたいことです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly